« ADIOS  グレン・フライ逝く | Main | SHINING RIGHT DOWN ON ME 宮田あやこ3年ぶりの東京ライブ »

宮田あやこ LIVE in TOKYO 2016のお知らせ

全国各地で桜が開花し、ようやく北海道にも桜前線が上陸したようだ。札幌は4月28日が開花予想、GW中に満開になる予定とのこと。そんな希望にあふれたシーズンのはずなのに熊本/大分県を中心とする九州地方で大きな地震災害が起きた。いつ地震がやむのか、地震学者がお手上げの今回の地震、被災された方たちが一日も早く日常の生活に戻られますように。心よりお祈りいたします。

宮田あやこ東京ライブが5月29日(日)5月30日(月)両日行われる。3年ぶりの東京ライブだ。前回は観客の方の温かな声援もあり、とてもいい演奏会になった。しかし33年ぶりの東京ライブということもあり、ちょっと力みがあったライブだったようにも思う。札幌~東京を意識せず札幌のライブをそっくり東京に持っていけないか、今回はそんな普段着の演奏会にできたらと考えている。

といいつつ高い入場+飲食代金をいただくライブだ。満足して頂けなければわざわざ東京まで出かけていって歌う意味はない。普段のGERSHWINでのライブを基本に、それなりのサプライズも用意する。今回ピアニストは二十年近く一緒にやっている山下泰司さんが札幌から同行するのだがゲストには頭を悩ませた。ライブ当日3時間ほどしかリハーサルができない。技術面はもちろんのこと、あやこといい人間関係を築いている音楽家がその条件だ。まずボトムを支えてもらうベーシスト。咄嗟に思い浮かんだのがマイク・ダンさん。あやこのデビュー当時バックバンドの一員として活動してもらっていた。当時スタジオワークの音楽家として売れっ子だった。あやこバンドで一緒だった今剛、井上鑑などとパラシュートというバンドを作り、玄人?ロック/フュージョンファンを唸らせていた。当時CMで歌われる英語の歌はマイク・ダンだらけだったこともある。全米進出を図ったパラシュートの4thアルバムは全曲マイクのヴォーカルだった。

電話をしてみた。「いいよ~楽しみだね」二つ返事で快諾していただけた。ギャラのことなんか全然きいてこない。今年亡くなったギタリスト松原正樹さんが1981年松山千春の仕事でマイクと札幌にやってきたとき、「どうしてマイクと組むの?」とよく聞かれるのだけど「マイクはずっと僕や今剛の先生だったんだ」と僕に語ってくれた。共演してみるとその凄さがよくわかる。

昨年GERSHWINを訪れてくれた細井豊氏と久々に何曲かプレーして、育ってきた、影響を受けてきた音楽が一緒なのだと改めて思った。説明しなくとも欲しい音が彼のピアノからは自然と生み出されてくる。今回はライブの2部を1970年代アメリカ西海岸トリビュート的な内容にしようと考えているので、同じ時代の空気を浴びた彼の参加は心強いものだ。結成40年を超えるセンチメンタル・シティ・ロマンスを続け(昨年はアメリカコンサートを実現させたそうだ)竹内まりや、伊勢正三、加藤登紀子など彼をファーストコールピアニストとして指名する歌手は多い。マルチプレイヤーの細井さん今回はキーボード,アコーディオン、ハーモニカなどであやこの歌に彩りを添えてもらう。

今回のライブ1部は普段のGERSHWINライブそのままの雰囲気選曲でお送りする。アーヴィング・バーリン、ジョージ・ガーシュウィン~フィル・スペクター~バート・バカラック~ビートルズBAR GERSHWIN サブコピーにあるようにPop Music Of The 20th Centuryのめくるめく世界をお届けする。

2部はあやこが多大の影響を受けたアメリカ西海岸の音楽家たちへ敬意あふれるプログラムとなる。レオン・ラッセル~リタ・クーリッジ~キャロル・キング~イーグルス(グレン・フライ)~リンダ・ロンシュタットなどの曲で構成される。アンドリュー・ゴールド、ケニー・エドワーズ、ドン・グロルニック、カルロス・ベガ、ダン・フォーゲルバーグ・・・
今はこの世にいない素晴らしい音楽の記憶を残してくれた数々の音楽家への想いが溢れるライブ。こんなライブをやれるのは宮田あやこをおいてほかにはいない(ほかにいるとすれば、山下達郎抜きの竹内まりやかな)。

イーグルス張りのコーラスワークが魅力のセンチメンタル・シティ・ロマンス細井豊、ヴォーカリストとしても一流のマイク・ダン、二人に山下泰司を加えたバックコーラスの妙も合わせてお楽しみください。アットホームな温かなライブにしたいと考えている。そんなリビング・ルームライブにどうぞご参加ください。

Photo_2

宮田あやこ LIVE in TOKYO 2days
2016年5月29日(日)30日(月)
午後6時開場 7時開演
新宿ミノトール2 東京都新宿区新宿5-11-4龍生堂ビルB1
¥6,000(ワンドリンク&ディッシュ付き)

出演
宮田あやこ(ヴォーカル)
山下泰司(ピアノ)
マイク・ダン(ベース)パラシュート
細井豊(各種楽器)センチメンタル・シティ・ロマンス

お問い合わせ&ご予約(電話かメール)
BAR GERSHWIN 011-221-2605(午後6時~)
          fantasista_miyata@nifty.com
新宿ミノトール2 03-334-2655(午後3時~午後10時)

|

« ADIOS  グレン・フライ逝く | Main | SHINING RIGHT DOWN ON ME 宮田あやこ3年ぶりの東京ライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮田あやこ LIVE in TOKYO 2016のお知らせ:

« ADIOS  グレン・フライ逝く | Main | SHINING RIGHT DOWN ON ME 宮田あやこ3年ぶりの東京ライブ »