« September 2017 | Main | November 2017 »

虫明亜呂無氏 知の巨人

虫明亜呂無氏を知ったのはいつの頃だったか、今では思い出せないが、記録映画「札幌オリンピック(1972年篠田正浩監督)」の脚本に虫明氏が参加すると知って興奮した覚えがあるので、その時点で虫明氏の文章に感化されていたことは間違いない。

虫明亜呂無、一見奇妙な名前は本名だそうである。1923年に生まれ,1960,70,80年代、主にスポーツ論、芸術論、文化論、女性論、小説で名を成した。知の巨人である。彼の著作の多くは「映画評論」「キネマ旬報」「話の特集」「スポーツニッポン」「競馬新聞」など専門誌、雑誌、スポーツ新聞に書かれた。氏の著作は数冊を残し死後絶版となっていたが、現在は玉木正之氏が主に競馬論、スポーツ論を中心に編纂した「肉体への憎しみ」「野を駆ける光」「時さえ忘れて」3冊の本と、高崎俊夫氏が主に映画、音楽、小説、舞台、女優などを論じた散文を編纂した「女の足指と電話機 回想の女たち」「仮面の女と愛の輪廻」の2冊で氏の著述の主たるものを読むことができる。小説では短編集「パスキンの女た」](高崎俊夫編)が入手できる。


洞察力と表現力に圧倒される氏のスポーツ論にあって、時代に翻弄された天才陸上アスリート人見絹枝さんを書いた「大理石の碑」の美しさとはかなさは筆舌に尽くしがたい。虫明氏は悲劇的かつ激動の24年の生涯を生きた人見さんの墓を訪ね、父親に家に招き入れられ彼女の写真、遺品を見る。残されたブレザーコートに息づく人見絹枝を心で抱く。氏はこの文章で「スポーツは所詮エロチシズムの変形にすぎない」と断ずる。虫明氏の著作に時には朧げに、時には濃密に漂う性の気配は氏のロマンチシズムの極致であるが、氏の文筆の主題をここまで言い切らせたのは、人見絹枝という人物の存在の大きさだ。


虫明氏の名文を紹介していては夜が明けてしまう。是非一読をおすすめする。玉木正之氏は「ともすれば”人間ドラマ”という安直な置換えが主流を占めるこの国のスポーツジャーナリズム世界にあって、まさに強烈な光彩を放っている。」高崎俊夫氏は「虫明亜呂無のエッセイは読む者の裡にさまざまな想像力を誘発する。その<古さを感じさせない、清心で瑞々しい、華麗な散文>を存分に味わっていただきたい。」とあとがきで書く。


最後に、僕の個人的な話を。10代の頃の僕に強い印象を与えた虫明氏の文章があった。50年近くの月日が経過し、いったいこの文章は実在したのかと自問したくなるほど記憶は曖昧だが、虫明氏がフランスに逗留中どこかのリゾート地でまだ無名だったフェイ・ダナウエイに遭遇する話のことだ。そこで二人は親密になり様々なことを語り合ったという。それに酷似したエピソードがそののち1960年代を象徴する女優にまでなったフェイの主演映画「ルーという女(1972)」に東洋人(日本人と思われる)と遭遇する場面として思わせぶりに描かれていたのだ。この映画はファッションモデルを描いた内容で、フェイの実話ではないけれど後にフェイと結婚する脚本/監督ジェリー・シャッツバーグ(作品にスケアクロウなどがある)の作品なので、フェイの実際の話がストーリーとして採用された可能性はある。虫明氏の単行本未収録の膨大な原稿が眠っているという。どなたかこの因果関係の是非を証明してはくれないだろうか(僕の老人性記憶書き換えでないことを願う)。


頭髪薄く、さしたる美形でもない虫明氏、鈍感な一凡人男性には推し量れない、知性の裏付けある性的魅力をそのうちに秘めていたのだろう。
 
Photo


虫明亜呂無1983年60歳で脳血栓に倒れ、文筆に復帰することなく、長い闘病生活の後、1991年68歳で死去。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サチモス(SUCHMOS)TAIHEI君との対話

BAR GERSHWINの営業は宮田あやこライブを終え、午後11時を回ると、どこかホッとしたリラックスした雰囲気が店内、お客様にあふれてくる。

そんな時間帯にひとりの青年が現れた。「初めてです。いいですか?」折り目正しいその物腰はセンスあふれる体裁とはちょとアンバランスであったけど、カウンターに一人座った。しばらく雑談していると、地元の青年ではないことがわかった。「ピアノがあるんですね。僕も音楽で生活しています。」。謙虚にプロの音楽家であることを明かした。

彼は現在全国ツアー中のバンドのキーボード奏者で明日はZEPP SAPPOROでのコンサートがあるという。「僕らのバンドはサチモス、というんです。メンバーがバンド名で悩んでいたとき、楽屋の壁に張ってあった、ルイ・アームストロングのポスターにサッチモとあって響きがいいから使わしてもらったんです。そのときは意識していなかったのだけど、偉大なブラック・ミュージックのパイオニアだと分かって・・単なる偶然ではなかったのかもしれません。」。彼のアーティスト名はTAIHEI(さん)。


「ピアノがあるっていいですね。」GERSHWINのピアノを気にする。「どうぞ演奏してもいいですよ」と声をかけると「いいんですか?」と言いつつも臆することなくピアノに向かう。ジャズのスタンダード曲を二曲ほど演奏する。「たまにジャズの場に行って演奏させてもらうんです。ボロクソに言われて、落ち込むんですけど、前より良かったと言ってもらいたくて足を運ぶんです。」

あやこのアルバムにあった「DESPERADO」が好きな曲らしく、「歌ってもらえますか」と初見の楽譜で演奏する。
「エイトビートは難しいのよ」とあやこ。「俺八分音符は自信あります」と軽く火花が散ってセッションはスタート。彼自身プレイに納得いかなかったらしいが、負けず嫌いの彼のことだから次回はあっと驚くプレイを聴かせてくれる予感がする。

GERSHWINのピアノを「この子、艶かしく、なんともいわれぬ音していますね。」とまるで女性を愛おしむかのように扱う。カウンターに座っていた好青年は、鍵盤と向かい合うとそこはかとない色気とオーラを漂わせる。


幼い頃ジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」をピアノで演奏したかったが楽譜が見つからなく自分で一生懸命コピーした経験も語ってくれた。

「ラプソディ・イン・ブルー」はクラシック音楽に分類されるけれど、その音楽世界に濃密に漂うのは黒人音楽の持つ艶めかしさである。ガーシュウィンは白人作曲家で初めて黒人音楽の影響を作品に表した人である。20世紀の音楽を後世の人が振り返ったとき、おそらく黒人音楽隆盛の時代として捉えられるだろう。ジャズもロックもみなその子供である。

翌日早速サチモスのCDを買い求めた。

サチモスはブラック・ミュージックに心酔していて、「ルーツ・ミュージックに敬意のないミュージシャンには腹が立ちますよ。」とJポップの音楽家とは一線を画すとTAIHEI君は主張する。彼らの音楽を聴くとジャミノクワイはじめ様々な音楽の影響下にあることは明らかだけど、彼らはそれを隠さないし、表現することに夢中なことがよく分かる。ダンサブルでありファッショナブルであるけど、彼らの音楽は新しいのにどこか懐かしく、哀愁を感ずる。松任谷由美はじめベテランミュージシャンが彼らの音楽に注目する理由がよくわかる。TAIHEI君が知らなかったリトル・フィートを聴かせると(彼のピアノにビル・ペインを感じたので)大喜びしてくれた。打てば響くとはこういうこと。真綿が水を吸い込むがごとく、音楽を吸収している。

より深く掘り下げることだ。清濁併せ持つ井戸掘り作業の後見えてくる唯一無二の世界、その時TAIHEI君が言っていた、多くのミュージシャンに影響を与え、世界に進出できる素地が出来上がる。

いい出会いだった。刺激をもらった。最近の音楽を聴いてこなかったことをちょっぴり反省。良質の音楽の継承はしっかりとなされていた。サチモスの今後の活動に幸あらんことを。


Photo_7


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2017 | Main | November 2017 »